膀胱がん|門前仲町駅徒歩3分の泌尿器科 もんなか泌尿器科 江東区 頻尿 排尿困難 血尿 下腹部痛 排尿痛

門前仲町駅徒歩3分の泌尿器科のもんなか泌尿器科 江東区

月・火・水・金・土は9:000~12:30、15:00~18:00|木曜、日・祝は休診

電話番号03-3630-1177

門前仲町駅徒歩3分の泌尿器科のもんなか泌尿器科はインターネットからの予約が可能です

「門前仲町駅」2番出口より徒歩3分 「富岡一丁目」バス停より徒歩1分

膀胱がん

膀胱は尿をためておく袋状の臓器です。

膀胱がんとは移行上皮という膀胱の粘膜に発生する悪性腫瘍です。

膀胱がんの種類

膀胱がんはその進行の具合により種類が分かれています。

  • 膀胱の筋肉に浸潤のない早期のがん
  • 筋肉にまで浸潤した筋層浸潤性がん
  • 他の臓器への転移も見られる転移性がん

上記それぞれの種類によって、その治療法が異なっています。

多くの膀胱がんは粘膜でとどまるものが多く命にかかわることは少ないです。しかし、膀胱内に多発して再発しやすいという特徴があります。

また筋層浸潤性がんは進行がはやいことが特徴でリンパ腺や肺、骨などに転移してしまう危険性が高いです。

膀胱がんの発生率

膀胱がんの発生率として、男性は女性の3倍といわれています。

なぜ男性に多いのかという理由ははっきりとは分かっていません。

また、60歳以上の高齢者にも多くみられ、喫煙者も非喫煙者に比べて発生率が高いことが分かっています。

膀胱がんの症状

膀胱がんの特徴として、他のがんに比べて早期から症状が出やすいことがあります。

最も多い症状としては目で見てわかる肉眼的血尿です。赤かったり茶色の尿が出ることで、排尿時に最後の方が赤かったり、血の塊が出ることもあります。

一般的には痛みはないことがほとんどですが、たまにあったとしても一時的なものが多いです。

しかしこの血尿は、膀胱炎、尿路結石でも同じ症状がでるため、見極めが重要です。

膀胱炎を併発している可能性もあり、また膀胱炎の治療として抗生剤を服用しても治らない際には、膀胱がんを疑います。

膀胱がんの検査・診断

膀胱がんの検査としては以下のようなものがあります。似た症状がある病気があるため、しっかりと判別することが大切です。

尿検査

血尿や尿中のがん細胞の有無を調べます。

膀胱の内視鏡検査

尿道からファイバースコープを挿入し膀胱内を観察する検査になります。

医師が肉眼で腫瘍の有無、がんの発生部位や大きさなどを確認します。

超音波(エコー)検査

こちらは内視鏡検査と異なり侵襲性がない、腫瘍の有無が確認できる検査です。

CT検査

X線を照射しながら断層画像を作成して詳しく調べる検査です。筋層浸潤性がんの場合には全身に転移があるかを調べます。

膀胱がんの治療

膀胱がんの治療にはそのがんの進行に合わせて手術を選択します。

経尿道的膀胱腫瘍切除術

転移をおこしにくい、筋肉に浸潤していない早期のがんでは、内視鏡を使用しての切除を行います。

膀胱腫瘍の状態を顕微鏡で確認し、再発の可能性が高い場合には、抗がん剤やBCGを膀胱内に注入します。

膀胱全摘術

浸潤性の膀胱がんは内視鏡では完全には切除できませんので、膀胱全摘術を行います。

膀胱を摘出してしまうため、代わりにその機能を補うための排尿路を作る手術も同時に行います。

予防

膀胱がんのはっきりした原因は分かっていませんが、喫煙が大きな要因であると考えられているため、禁煙を心がけましょう。

血尿があれば放置せずに医療機関を受診しましょう。

このページの先頭へ戻る